バイオマスエネルギーとは? 木くずを処理します 責任を持って処理します 工場案内 お問合せ 会社案内
バイオマスエネルギーとは?
バイオマス(BioMass)
もともと生物(bio)の量(mass)のことであるが、今日ではエネルギー源や原料として使うことができる、再生可能な生物由来の動植物資源(化石燃料は除く)の総称です。
バイオマスエネルギー
バイオマスエネルギーとは、CO2の発生が少ない自然エネルギーで、古来から薪や
炭のように原始的な形で既に身近に利用されています。エネルギーになる
バイオマスの種類としては、木材(木くず)、海草、生ゴミ、紙、動物の死骸、
糞尿、プランクトンなどの有機物です。

今日では、地球温暖化防止や循環型社会の構築に向けて、新たな各種技術による
活用が可能になり、化石燃料に代わる新たなエネルギー源として期待されています。
カーボンニュートラルの考え方
ライフサイクルの中で、二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロのことを言います。
例えば、植物の成長課程における光合成による二酸化炭素の吸収量と植物の燃焼による二酸化炭素の排出量が相殺され、
実際に大気中の二酸化炭素の量に影響を与えないことが考えられます。


1:光合成によるCO2の吸収
2:造成工事や木材加工により生木・根株や端材・間伐材等の木質資源が発生する
3:バイオマスを燃焼し発電する
化石燃料の代わりに木くずなどのバイオマスエネルギー資源の利用はカーボンニュートラルだと考えられ、二酸化炭素の発生と固定を平衡し、地球上の二酸化炭素を一定量に保つことができる。また、二酸化炭素排出量を削減するための植林や自然エネルギーの導入などは、人間活動による二酸化炭素の排出量を相殺できることもカーボンニュートラルと呼ぶことがあります。
ページの上部へ戻る